伊藤絵里子

伊藤絵里子

この記事をシェアする
Instagramはこう使う!最大の敵は自分!?2017年1月31日

伊藤です✂️

今日はお休み✂️✨

リクルート主催のInstagramセミナーへ行ってきました🚃🚃🚃🚃🚃💨💨

IMG_0513

moonからは私と川端。

と!川端の美容師仲間ののんちゃんと3人で参加🎵

のんちゃんは、私が育休に入る前にお客様として来てくれたことがあって「久しぶりー❤」って感覚でした🌟

が!川端にものんちゃんにも「伊藤さん、覚えてますか…?」と確認されました_(:3」∠)_

覚えてますとも!!

なんなら、川端がのんちゃんの家に行ったらサプライズで誕生日プレゼントがあって感動したというエピソードまで覚えてるっつーの!(…あれ、合ってるよね?のんちゃんちだよね?)

と、二人の仲良しエピソードは(ノ・∀・)ノ(っ・∀・)っおいといて…

Instagramの活用法

普段何となく使っていたInstagram。

いろんな人の情報から「こんなふうに使えばいいんだろうなぁ」とボワーっと思いつつなかなかその通りに活用するのは難しいと感じていました。

ニーズに合わせた投稿

まずは私の投稿を「誰に見て頂きたいか」のニーズを知るところからだな、というのが第一印象として残りました。

私の場合、撮影させていただけるモデルさんや、how to的な意味合いでお客様がおうちに帰ってからのサポート的役割で発信していきたいというところに焦点があります。

ですが、今までそういったことを意識した投稿をしているかと聞かれれば「していない」というのが本当のところ…

「いいなぁ」と思うものや作った作品をランダムに投稿しているので自分のフィードに統一感はなかなか出てません。

IMG_0545

見ていただきたい人を意識するだけで、投稿内容や投稿時間も変わってくるはず。

今後の課題はまずそこです。

いかにオリジナリティが出せるか

次に印象に残ったのは、オリジナリティという点。

これはエザキさんがお話してた事ですが、美容師って42万人いるんですよね。

その中からなにか目を引くものを自分で作り出さなきゃ、数多くの写真に埋もれてしまうと…

このへんに関しては、Instagramだけでなく全てに通ずる部分かなと思います。

特化した何かを持つ、というのはなかなか難しいところ。

大学生の時に「自己分析をする」という授業がありましたが、これがなかなか恥ずかしくて深層心理までたどり着けないんですよ。

自分の事なのに!

なんか変に背伸びしようとしたり、よく見せようとしたり、自分に自分で言い訳したり…

そんなもの全部なくして、本質を見極められたらもう1歩先にいけるのかなと思います。

オリジナリティって絶対に皆が持ってるのに、出すのが難しい。

案外他人の方が自分を分かってくれてるかも知れませんね(*´∀`)

実践!

セミナー内ではInstagram活用の実践として、ハッシュタグ→#アカデミーイベントといれて投稿しましょう!というフィールドワークを行いました!

IMG_0546

↑この辺りがその投稿写真です📷

アカデミーイベントとタグをつけた投稿が、次々と会場のスクリーンに映し出される仕組み。

そしてその中から4枚、「この写真いいね」というものをメインスピーカーの方が選んで下さったのですが…

IMG_0527

なんと嬉しいことに❤

選んで頂けました(*´∀`)❤❤❤

モノクロ加工とインスタサイズで切り取ったグラスの写真🍷

黙々と加工した甲斐がありました✨

 

うん。今日一番テンションが上がったのはここです✧٩(ˊωˋ*)و✧

来てよかった(笑)

その後の懇親会

セミナー後はそのまま懇親会☺️

マルチバースの皆さんともお会いすることができました🎵

IMG_0533IMG_0540

実際セミナーに足を運ぶ度に思うのですが、「聞いて満足」にならないようにするのがまず大事なんですよね。

「セミナーにいった!満足!」になってしまってなかなか変わらないパターンも少なくないかと…

全てを一気に変えようとすると、電池が切れるのも早いのでまずは出来ることからコツコツと🌟

少しずつセミナー要素を取り入れていこうと思います❤